ガラス修理の流れ~商売のロス時間を最小限に~

急なガラス割れで困った時は、早急に業者に電話して、お店の営業に影響を与えないように迅速に対応しましょう。

ガラス修理の流れ

修理業者への連絡

不意の事故などによるガラス割れなどで困るのは、深夜営業のお店や、一年中休む事なく営業するお店です。安全面、防犯面からも、早急な対応が必要です。そんな時は24時間365日、電話をすれば対応してくれる業者があります。

仮工事

急なガラス割れなどで困った時は、早急に業者に電話して現場に来てもらいましょう。その際、ガラス割れの状況を業者が判断し、納品までの間に業務の妨げにならないように、仮工事をしてくれます。

寸法取り

ほとんどのガラス業者が、現場ではめ込むガラスのサイズの寸法取りを行い、問屋さんに発注をかけます。この方法だと、ガラスが到着するまでに時間がかかる為、ガラス割れがひどくなる可能性があります。

はめこみ

業者によっては、駆け付けた現場でスタッフがガラスの寸法を取った後に、その場に用意してあった在庫の中から適切なガラスを選び出し、ガラスのカット作業をして、はめこみまでを一連の流れで施工してくれます。

スムーズにガラス修理をするのが一番

お店などを経営する方にとって、急なガラス割れは、商品の売り上げに影響する死活問題です。最近は即日対応してくれる業者も増えてきたので、迅速に対応して、営業への影響を極力少なくしましょう。

ガラス修理は電話相談をするのがおすすすめ

ガラスの修理代を正確に知るには、ガラスの種類、大きさ、厚みによって金額が変わるので、一度、現場で業者に確認してもらうのが的確です。時間がなく大体の金額が知りたい場合は、電話で相談をすれば、大まかな見積もり金額を提示してもらえます。業者が到着してから正確な金額を提示されても慌てずに対応出来るのでお勧めです。

TOPボタン